Graffiti on the Wall

大したことは書きません

一般言語学講義(0)

古代から、言語とは何かという問いはなされてきた。例えば、古代ギリシアの哲学者、プラトンの『クラテュロス』の中では、

  • 言葉とそれが支持する事物との間には自然な関係があるとする派
  • 事物の命名は単に社会的な約束事であるとする派

という二つの立場の論争が描かれている。

ここでいう自然[nature:自然、本質]な関係とは、言葉は事物の「自然=本質」を反映するものだという考え方である。ネコ(の形をしている動物)は、“ネコ”たる何か本質的なものを持っているがゆえに、ネコという名前で呼ばれる、ということだ。なお、この言語観は、聖書において、神が動物やその他万物に名前をつけていったというところに由来する。おそらく、現代において説得力を持つものではないだろう。

二つ目の、言葉は社会的なものである、という考え方は一定の説得力を持つものであると思われる。ネコは、日本語では「neko」であり、英語では「cat」であり、ドイツ語では「Katze」である。このように、ある事物をどういった名前で呼ぶのかということについては、社会によって異なる、というのは、グローバル化した現代では当たり前のことであろう。

 

だが、上記の二つの立場は、ともに、「言葉は事物の名前である」ということを前提としている点で同じである。だが、言葉は単なる事物の名前であるという以上に、大きな役割を担っている。

 

ここでは、

  • 言葉による意味伝達の仕組み
  • 言葉の意味とは何か

の二つについて論じていく。

 

扱うテクストは、フェルディナン・ド・ソシュール『一般言語学講義:コンスタンタンのノート』である。言語論的転回の始祖であり、構造主義を準備した人物としても有名であるソシュールだが、近年はすでに古いものとして扱われがちで、あまり注目されていないように思う。

だが、ソシュール言語学は、後の記号論カルチュラル・スタディーズにも影響を与えており、重要性は薄れていない。ここでは、その思想を簡潔に教えていく。

 

第1部

(1)用語の整理

(2)ランガージュとラング

(3)ラングとパロール

(4)ラングとパロールの個人性と社会性

(5)コミュニケーションとは何か

 

第2部

(1)用語の整理

(2)シーニュ

(3)言語の恣意性:シニフィアンシニフィエ

(4)ラングとシーニュ

(5)言葉の意味とは何か

 

こんな感じで進めていきます。私より詳しい方がいましたら、是非補足や修正をよろしくお願いします。

 

ソシュール 一般言語学講義: コンスタンタンのノート

ソシュール 一般言語学講義: コンスタンタンのノート